中村ヒカル.jpg
Crafts

​中村 ヒカル

Nakamura Hikaru

空想をテーマとして制作している。

私にとって空想の目的とは、不安や恐怖などネガティブな心の状況を、空想というフィルターを通して見ることでポジティブなイメージに変換し少しでも現実世界を生きやすくするということである。

空想に伴う感情をイメージした様々な色を用いて、表面に針やナイフでテクスチャーを施した陶芸作品を制作している。テクスチャーの重なりや、色による点描といった、細かい繰り返しの装飾に覆われていく作品の表面に自分の心を投影することで、不安が覆われて、自分が完全に守られているという安心感を得たいと考えるからである。

【経歴】

長野県出身

2019年 京都芸術大学大学院修士課程修了

京都にて制作

 

【展覧会歴・受賞歴】

2016年  個展「カイブツ、あなたのおともだちになりたい」(ギャラリーマロニエ)

2017年  京都芸術大学卒業展 奨励賞

     わん・碗・ONE展2017 優秀賞 (京都陶磁器会館)

2018年  個展「HAPPY BIRTHDAY」 (同時代ギャラリーコラージュ)

2019年  京都芸術大学大学院修了展 優秀賞

     スターバックス京都バル店 作品展示

2021年  個展「生活と空想」 (京都陶磁器会館)